着付けの面白さ

NO IMAGE


こんにちは、本日も着付けのお勉強をしていきたいと思います。
本日は第20回目です、すでに20回もの着付けに関しての記事を載せてきました。
皆様休日はいかがお過ごしだったでしょうか?
今回は着付けは面白いという事を皆さんに知ってほしいという事で
着付けの面白さ、どの部分でみなさんが着付けは面白いと
感じておられるのかを色々と集めてみようかと思います。
貫太郎(かんたろう)です、宜しくお願いします

私の友人は着付けは何年やっても面白いものだ
と言い切っています。
それはなぜか、私たち着付けのできない人間からすれば
着付けは着物を着る手段であって、楽しむという感覚があまりありません。

何度かブログを書いてきて、着付けの楽しさは少しづつわかってきてはいますが
どういう点が面白いのかを説明する事は難しいです。

友人は着物は、洋服のように形のバリエーションが多い訳ではなく、全部同じ長方形である
しかし、着付けによってガラリとイメージを変えることができ、本当に奥が深いものだ。
と話をしています。
確かに同じ着物でも、着付ける人や着付け方で雰囲気は大きく変わります。
また小物や、その人がどのようなイメージで見られたいのかなどでも変化させる事ができます。

もちろん年齢や体型、その人の持つ雰囲気などを考えれば、着付けに正解はありません
あわせて着付けの仕方を変え、無限の変化を楽しむ事ができます。

具体的には、衿合わせの角度、衣紋の抜き具合、帯の高さなどを変え
その人にピッタリ合う具合を探す楽しみがあるそうです。

その方法た、コツなどを、何度も着物や振袖などの着付けを繰り返し
見つけて着付けをするのが、とても面白いと聞きます。

まずは自分にあった、着付け教室を探し、自分流の着付けの楽しみ方を見つけましょう。
前回書いたように、着付け仲間が増えれば、そのぶん楽しさも倍増する事でしょう。

アットホームな雰囲気での着付け教室や
本格的にプロの着付け師を目指すための着付け教室

また知り合いが行っているので、という理由で着付け教室を探すのも
ひとつの理由となると思います。
私も少しづつ着付けの事がわかってきましたし
着物を着て遊びに行けるポイントも勉強してきました。

自分の友人と着付けを勉強し、お互いに着物をきて
休日どこかに遊びにいけるように、今後も着付けの勉強をしていきたいと思います。

皆さんも諦めすに、是非着付けに興味を持ち、面白さを一緒に探していきましょう。

貫太郎

着付け初心者 カテゴリの最新記事