Been a long lonely, lonely, lonely, lonely, lonely time!!!

みなさんこんにちは!えびぞうです。

昨日は6月9日。ロックの日でしたねえ。

みなさんの思うロックにまつわるモノ、コトってなんでしょうか。

モノで考えてみると…
ギブソンやフェンダーのギター?ルイスレザーのライダース??
リーバイスのジーンズ???コンバースのオールスター????

バンドだったら…
すべてを変えたバンド、ビートルズ?
生涯現役!ストーンズ??
6弦の革命児ジミヘンドリックス???
もっと近年になれば、マンチェスターの問題児。オアシス??

とりわけ日本だったら…
ボブディランやブルーススプリングスティーンの遺伝子を受け継いだ、
忌野清志郎、浜田省吾、佐野元春、井上陽水…グラムやニューウェイヴから派生してシーンを駆け抜けた、
BOφWYやXJAPAN…レジェンド級のスタジアムロックを解りやすく日本の市場のフィルターに通したB’zとか、
感性を研ぎ澄ませた純粋な少年のような、ブランキー、ミッシェル、くるり…
(うーん、ハイスタとかブラフマンもあるよ!!)
キリがありませんね。笑 書いてるとどんどん出てきたんで書きなぐりました。笑
もっともっとありますよね。

tumblr_lihc9xzLZS1qioztgo1_500
Live in europeより引用
今回フォーカスしたいのは、伝説のバンド、Led Zeppelinです。
60年代に登場した、伝説中の伝説のロックバンドです。
簡単にまとめますが・・・笑
レッドツェッペリンが登場するまでは、
低い位置でギターを抱えてズッッギャーン!ベースがブンブン!ドラムがドンドン!!!( ・`д・´)
みたいなのがなかったんですよ。それをはじめてやったバンド。だと思ってください。笑

そして、バンドのプロデュースや、マネージメントの観点もすごく評価されています。

ギターのジミーペイジがカッコ良すぎるんです・・・〃テクニック云々ではないんですが、とにかく名リフメイカーで、立ち振る舞いだけでカッコイイ。結成のときにいった台詞が「俺らでカネ儲けしようぜ。」ですからね。しぶい!!
あと、このバンドの要はドラムのジョンボーナムですね。世の中のドラマーで知らない人はいないというか…野球やってる人が王貞治選手知らないってくらいのレベルです。笑
鉄の塊が転がっていくような鬼気迫るグルーヴで、多分全世界のドラマーの神です。笑

これなんか、超サイケやなぁ〜…〃カッコいい…!!!ファッションも最高。

http://www.youtube.com/watch?v=HkqdU3QLEFc

↑これ、カッコいいのに、なぜか動画が埋め込まれないので別リンクからどうぞ。。。泣

ちょっと前に再結成しましたけど、「とくダネ!」で小倉さんがオープニングトークでツェッペリンについて熱く語りまくっていましたね。
そーとー好きなんでしょう。笑

2012LedZepplinPressCreditROSS-HALFIN311012
そのときの写真がこちらです。おじいちゃんになっていますが、世界は熱狂したんですよ。沢尻エリカがわざわざイギリスまで観に行ったんですよね。残念ながらドラムのジョンボーナムは他界されていますが、息子さんのジェイソンボーナムがドラムを叩きました。
NMEニュースより当時の記事から写真をお借り致しました。

で、今回本当に御紹介したいのはこれです。(また前置きが長い。。笑)

そんなレッドツェッペリンの名曲、ロックンロールを、着物を着た女性がカバーしています。なんじゃこりゃ!笑
おやおや、ギターは奥田民生氏ですねえ。民生さんも、ツェッペリンやビートルズのオマージュのような曲いっぱい作ってますからね。笑
この、着物でロックンロールなんていいですね。
着物の魅力の一つには、「所作」や「奥ゆかしさ」とは言われます。一見それとは対局にあるように見えるロックですが、その奥ゆかしさの中に魅せる大胆さ、豪快さ、というものを感じますね。
これは別に、この動画に限らずですが、着物には、奥ゆかしさや謙譲の美徳のような和の心の中にも、日本海の荒波のような大胆さがあるような気がします。
そういう、着物+αのスピリット的な部分を楽しむのも、着物の魅力なのかなあとえびぞうは感じましたよっ!!

というか、この話題だったら6/9に書きたかったところですね。笑

————————–

さて!着付専科、元気にFacebookとTwitterも活動中です!
是非ともイイネ&フォローよろしくお願い致します。
Facebook
https://www.facebook.com/kitsukesenka
Twitter
https://twitter.com/KitsukeSenka

そしてそして、登録掲載店舗様も大募集しております。
私たちと一緒に、是非着付け業界を盛り上げていきませんか?

【着付専科 無料加盟店登録フォーム】

https://e-kitsuke.com/page/join

それでは失礼致します。

特別企画カテゴリの最新記事